人生100年時代の年金戦略 カギは繰り下げと厚年加入|マネー研究所 … – 日本経済新聞

Home » 社会保険労務士 » 人生100年時代の年金戦略 カギは繰り下げと厚年加入|マネー研究所 … – 日本経済新聞
社会保険労務士 コメントはまだありません



 長寿化が進み「人生100年時代」が現実味を帯びている。安心して老後を過ごすには、終身で受給できる公的年金を最大限に活用することが重要だ。年金を増額できる受給開始年齢の繰り下げや厚生年金への長期加入などがカギとなる。

 何歳まで生きる前提で老後資金を準備するか。

 平均寿命(男性81歳、女性87歳、2016年時点)で考えると資金が尽きるリスクが高い。平均寿命は0歳児があと何年生きるかを表す数値。死亡率の高い幼児期を過ぎた大人は平均ではもっと長く生きる。実際、男女とも平均寿命より3歳上(男84、女90)まで、2人に1人が生きている。

 長寿化がさらに進むことを考え合わせると、老後資金は「4人に1人が生き残る年齢」くらいを目安にして備えたい。男性は93歳、女性は98歳(50年の予測、図A参照)だ。100歳をにらんだ資金計画が求められる。

 公的年金には、もらい始める年齢を原則の65歳から早める「繰り上げ」と遅らせる「繰り下げ」がある。早めれば年金額は減り、遅くすれば年金額は増える。

■70歳で受給開始なら42%増

 長寿対策で有効なのは繰り下げだ。1カ月遅らせるごとに年金額は0.7%ずつ増え、最も遅い70歳を選べば42%多くなる。65歳からしばらく無年金でしのぐ必要はあるが、長生きすれば有利だ。

 試算すると、繰り下げ年齢によらず、受給開始から12年弱たてば、年金総額が原則と等しくなる。70歳まで繰り下げて元をとれるのは81歳の時。男性の7割弱、女性の約85%が生きる年齢(50年予測)なので確率的に繰り下げは有利だ。

 図Bは、会社員と専業主婦の夫婦がともに一定年齢まで生きたとして、2人が受け取る年金総額を試算したもの。年金は月額22万1277円(モデル世帯、17年度)を前提とした。

 70歳まで繰り下げたケースをみると、100歳時点での受取総額は、原則に比べて約2100万円、60歳からの繰り上げ受給に比べて約4000万円も多い。

 しかし受給者のうち、繰り下げを選んでいるのはわずか2%弱(14年度)。逆に繰り上げは1割強と多いのが現状。「夫婦一緒に繰り下げる余裕がなければ、長寿になりやすい妻だけでも繰り下げたい」(社会保険労務士の小野猛氏)





LEAVE A COMMENT