名ばかり統治 「忖度、集団隠蔽の空気」 国広弁護士に聞く 検証東芝危機 … – 日本経済新聞

Home » 弁護士 » 名ばかり統治 「忖度、集団隠蔽の空気」 国広弁護士に聞く 検証東芝危機 … – 日本経済新聞
弁護士 コメントはまだありません



 不正会計に続く原子力事業の暴走で深刻な業績悪化に直面した東芝。トップの暗闘やチェック機能の不在などが重なり、名門を会社解体の危機に追い込んだ。問題の本質は何か。企業コンプライアンス(法令順守)の専門家で、第三者委員会を格付けする団体幹部として東芝の調査報告書に最低評価を下した弁護士の国広正氏に聞いた。

 ――企業統治の先進企業とされた東芝ですが不正会計など多くの問題を起こしました。

 「企業統治の形…





LEAVE A COMMENT