【日馬富士の暴行事件】貴乃花親方一派の相撲協会での求心力ダウンか 風前の灯火とも – ニフティニュース

Home » 公認会計士 » 【日馬富士の暴行事件】貴乃花親方一派の相撲協会での求心力ダウンか 風前の灯火とも – ニフティニュース
公認会計士 コメントはまだありません



 貴乃花親方(45)は2016年3月、前回の理事長選に出馬した際に「立候補は同志たちの協力があってのこと」と言った。ついでながら「これが最初で最後の勝負」とも話した。

 それから2年後、日馬富士暴行事件での対応を問題視されて理事職を解かれた現在も、「同志たちの協力」は続いているという。

 貴乃花親方の言う「同志たち」とは元顧問の小林慶彦氏、前外部理事の宗像紀夫氏(弁護士)、現監事の神山敏夫氏(公認会計士、税理士)らのこと。ちなみに小林氏はかつて、パチンコ業者との契約に際して代理店関係者から裏金を受け取った、俗にいわれる「裏金顧問」。昨年12月に協会から1億6500万円の損害賠償請求訴訟を提起された人物だ。ある親方がこう言う。

「北の湖理事長が急逝して以来、貴乃花親方を担いでいるのは元顧問の小林さんです。貴乃花親方を理事長にして、北の湖理事長時代のように協会の事務方を仕切りたいのでしょう。貴乃花親方と元顧問を宗像さんと神山さんが援護するのが以前からの図式なのです」

 貴乃花親方と小林元顧問の親密な関係については、すでに本紙が報じた通り。昨年10月、北の湖前理事長の三回忌法要後の食事会では2人が親しげに話していたし、今回の日馬富士暴行事件の渦中に福岡で密会したとのウワサもある。

 宗像氏はそんな2人をサポート。外部理事時代、元顧問が500万円の裏金をわしづかみにしてバッグにしまう動画がネットにアップされながら、「返したから問題ない」と結論付けたのは記憶に新しい。理事会では元顧問を擁護する発言を連発し、元顧問が協会から受け取った750万円のボーナスの正当性も盛んに訴えたという。

「前回の理事長選ではこんなこともあった。投票権は親方である内部理事10人にのみ与えられている。定款で決まっていることです。にもかかわらず宗像さんは理事会で外部理事に投票権がないのはおかしいと訴えた。貴乃花親方も追従、目上の出席者を恫喝するような強い口調だったといいます。貴乃花親方と宗像さんは八角体制を快く思っていない。それで宗像さんは外部理事の自分にも投票権があると主張したのでしょう」(前出の親方)

 今回の事件ではテレビのワイドショーに出演して現執行部を批判、あくまで中立の立場と強調しながら、しかし、結果として貴乃花親方を利する発言を繰り返した。

■選挙では十数票がやっとか

 神山現監事もバリバリの「同志」だ。別の親方がこう言った。

「協会に損害賠償請求された元顧問は現在、協会事務員としての地位の確認を求める訴訟を提起して係争中でもある。神山さんは裁判で元顧問側の証人になろうとしたくらい。顧問側からの和解案を執行部にもってきたともいわれている。時期はハッキリしないが、『小林さんを協会の事務方のトップにした方がいいと思う』と言ったこともある」

 貴乃花親方の理事解任騒動と、一派のキーパーソンである元顧問が損害賠償請求で訴えられた事実は、貴乃花一派にとってとてつもなく大きなダメージになった。一部新聞や週刊誌が盛んに貴乃花一派を援護する“情報操作”を繰り返しているものの、協会内部における求心力は明らかにダウン。前回の理事選では一派で計29票を獲得して3人の理事を誕生させたとはいえ、2月上旬の選挙では十数票を集めるのがやっとといわれる。前回の理事長選がまさしく「最初で最後の勝負」だったようなのだ。





LEAVE A COMMENT