無借金は社長の“犯罪”!なぜ、税理士や会計士はトンチンカンな助言を … – ダイヤモンド・オンライン

Home » 税理士 » 無借金は社長の“犯罪”!なぜ、税理士や会計士はトンチンカンな助言を … – ダイヤモンド・オンライン
税理士 コメントはまだありません



JR新宿ミライナタワー改札から15秒!夏は神宮外苑の花火大会、冬は日本一高い富士山の雪化粧が見られる10階の一等地。15年連続増収の株式会社武蔵野が、ここにセミナールームを開いたのは2017年2月。あれから1年弱……。社長の小山昇氏を直撃すると、「新卒説明会にも前年比2.36倍の1020名がきて、どんどん採用できる。しかも辞めない」という。JR新宿ミライナタワーの家賃は「月500万円」。これだけで年間6000万円にもなる計算だ。

小山氏が社長に就任した1989年当時は「暴走族上がりの落ちこぼれ集団」で売上は7億円だった。しかし、直近では63億円に達した。実に28年で売上を「9倍」にした“経営のカリスマ”は、これだけの大金をなぜ1ヵ所に投資したのか?

全国700社以上を指導し、倒産企業ゼロ、5社に1社が過去最高益、自社も15年連続増収、日本初の「日本経営品質賞」2度受賞の小山氏が、創業以来最も大切にするのが「数字は人格」という経営哲学だ。

発売たちまち話題となっている『数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか』に関して、「書いてはマズイ全51社のエピソードと、9割の社長が勘違いしている“人を育てる数字・ダメにする数字”を書き尽くしてしまった。“数字は人格”という言葉には魔力がひそんでいる」と小山氏。

企業の不正発覚が相次ぐ中、なぜいま「数字は人格」なのか?

全国を飛び回っている分刻みの小山氏をついにつかまえた!(構成:寺田庸二)。

無借金は社長の「犯罪」

 会社の現金がないと、個別の事情に対応できないだけではありません。

 キャッシュがないと、資金繰りが苦しくなって倒産するリスクが高まります。

 利益が出ているのに、資金繰りに失敗して会社がつぶれた例はいくらでもある。

 倒産すれば、社員やその家族が路頭に迷います。

 長期視点でも無借金はダメです。

 キャッシュが潤沢でないと、積極的に投資しづらくなり、未来のメシのタネを生み出せなくなります。

 無借金は、理想どころか、むしろ悪。
 社長の「犯罪」です。

 借金は、することが正しい。

 どうして数字のプロである税理士や会計士がトンチンカンなことを言ってしまうのか。

 それは、多くの税理士事務所が社員10人以下の零細事務所だからです。

 10人以下で回る事業は個人事業主とほぼ同じ感覚でいいので、たしかに借金しなくても何とかなります。

 その感覚を中小企業の経営に持ち込むからピントがズレる!





LEAVE A COMMENT