松居一代の勝利とするのはやや苦しい 弁護士が見解を示す – livedoor

Home » 弁護士 » 松居一代の勝利とするのはやや苦しい 弁護士が見解を示す – livedoor
弁護士 コメントはまだありません



 女優の松居一代(60)が15日、都内で会見を行い、13日に東京家裁で行われた第2回調停で俳優・船越英一郎(57)との離婚が正式に成立したことを報告した。

 今回の離婚成立について、「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士はデイリースポーツの取材に、「松居さんの勝利とするのはやや苦しい」と見解を示した。

 徳原弁護士は「船越さんが離婚を求めていて、財産分与も要求していなかったとなれば、船越さんの希望はほぼ通ったと言えるでしょう」と分析。基本的に財産分与は、婚姻後に夫婦が築いた共有財産を2分の1ずつ分けるが、個人の才覚で稼いだ財産はその限りではないとし、「松居さんが料理本やお掃除グッズで成した財については、『船越さんの妻』という部分が大きかったと考えられるので、共有財産となり得る。そこを守ったという点では、松居さんの主張も一部通ったとも言える」と解説した。

 徳原弁護士はさらに、「完全に個人的な感想」と前置きし、「松居さんは船越さん側から慰謝料などを取りたかったが、裁判に持ち込むと、逆に共有財産の分割を求められる可能性が出てくるので、ここで決着をつける形にしたのではないでしょうか」と推察した。





LEAVE A COMMENT