出廷時ブラ認めず…人権侵害 大阪弁護士会(大阪府) – 日テレNEWS24

Home » 弁護士 » 出廷時ブラ認めず…人権侵害 大阪弁護士会(大阪府) – 日テレNEWS24
弁護士 コメントはまだありません



出廷時ブラ認めず…人権侵害 大阪弁護士会
(大阪府)

女性の被告が法廷に出る際、ブラジャーの着用を認めないのは人権侵害だとして、大阪弁護士会が大阪府警に改善を申し入れた。弁護士会によると、着用を認められなかったのは、大阪府警の留置施設に勾留されていた40代の女性の被告。府警の留置施設では、自殺防止などのためにブラジャーの着用は許されていないが、被告は、7月の初公判で出廷する際に着用を要望し、認められなかったということで、大阪弁護士会は、「羞恥心を侵害する措置で人権侵害だ」としている。大阪府警は、「出廷時に申し出があれば認めていて今回は要請がなかった」と話しており、申し入れについては、対応を検討するとしている。

[ 12/7 11:52 読売テレビ]





LEAVE A COMMENT