タクシー内で暴れた弁護士、罰金30万円命令 札幌簡裁 – ハフィントンポスト

Home » 弁護士 » タクシー内で暴れた弁護士、罰金30万円命令 札幌簡裁 – ハフィントンポスト
弁護士 コメントはまだありません



タクシー内で暴れた弁護士、罰金30万円命令 札幌簡裁

 札幌市中央区で11月、タクシーに客として乗っていた札幌弁護士会に所属する男性弁護士(37)=同市=が車内で暴れて防犯ボードを壊したとされる事件で、札幌区検は5日、この弁護士を暴行と器物損壊の罪で略式起訴し、札幌簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。即日納付したという。

 起訴状などによると、弁護士は11月6日、同区のススキノでタクシーに乗り、運転席シート付近に設置された防犯ボード(約14万7千円相当)を足で何度も蹴って割り、運転手に暴行を加えたなどとされる。

 被害にあったタクシー会社などによると、弁護士は経路に腹を立てて車内で暴れ、運賃990円を支払わず降車したという。

 札幌弁護士会は「深刻に受け止め、信用回復に向け、弁護士法に従って厳正に対応する」とコメントしている。

(朝日新聞デジタル 2017年12月06日 07時08分)

関連ニュース






LEAVE A COMMENT