衆院選「一票の格差」、弁護士グループが一斉提訴始める – 朝日新聞

Home » 弁護士 » 衆院選「一票の格差」、弁護士グループが一斉提訴始める – 朝日新聞
弁護士 コメントはまだありません



 22日に投開票された衆院選について、「選挙区によって一票の価値が異なるのは憲法違反だ」として、弁護士グループが23日、小選挙区の選挙無効を求めて札幌高裁に提訴した。全国14の高裁・支部に訴訟を起こす方針で、全289の小選挙区が対象になる見通し。

 最高裁は、最大格差が2倍を超えた2009、12、14年の衆院選について、3回連続して「違憲状態」と判断。国会は定数を「0増6減」させ、最大格差は14年衆院選の2・13倍から1・984倍(9日時点、推計)に縮小した。(岡本玄)





LEAVE A COMMENT