清水良太郎容疑者に弁護士の見解「傷害罪に問われる可能性も」 – サンケイスポーツ

Home » 弁護士 » 清水良太郎容疑者に弁護士の見解「傷害罪に問われる可能性も」 – サンケイスポーツ
弁護士 コメントはまだありません



 ものまねタレント、清水アキラ(63)の三男で俳優、清水良太郎容疑者(29)が、11日に覚せい剤取締法違反(使用)で警視庁目白署に逮捕されていたことが12日、分かった。

 弁護士法人・響の徳原聖雨弁護士は「尿から覚醒剤の陽性反応が出たため、有罪の可能性が高い。違法カジノ店に出入りしていたことは、検察側が法律を守る意識が低いと判断するケースもあるが、懲役1年6月、執行猶予3年と、初犯の一般的な量刑になるでしょう。女性が薬を飲まされ体調不良を訴えたという点については、傷害罪に問われる可能性も。その場合は、合わせて懲役2年、執行猶予3年になると思う」と見解を述べた。





LEAVE A COMMENT