「人を創り、人に尽くす」M&A仲介のリーディングカンパニー株式会社ストライクの軌跡 株式会社ストライク 代表取締役社長 荒井邦彦 – INSIGHT NOW!

Home » 公認会計士 » 「人を創り、人に尽くす」M&A仲介のリーディングカンパニー株式会社ストライクの軌跡 株式会社ストライク 代表取締役社長 荒井邦彦 – INSIGHT NOW!
公認会計士 コメントはまだありません



1997年7月の創業以来、「人と企業の明日を創造する」というスローガンのもと、M&A仲介業務に従事されてきた株式会社ストライク。2016年6月に東証マザーズへ上場し、2017年6月には東証一部への市場変更を果たしています。

しかし、代表である荒井邦彦社長は、これまでの道のりが必ずしも順風満帆なではなかったと話します。公認会計士の資格を取得し、会社を設立し、上場に至るまで、どのような経緯や苦労があったのでしょうか。お話を伺いました。
(聞き手:仙石実・公認会計士、税理士/構成:山中勇樹・ライター)

無謀じゃなければ成功できない

仙石)まずは、株式会社ストライクを設立された経緯から教えてください。

荒井)流れとしては会計士の資格を取得してから創業していますが、起業をしたいということを先に決めて、その前の勉強と考えて会計士になりました。当時、会計士になると会社をお金の流れから理解できるようになると考えたからです。

会計士の資格を取得したのは、大学4年生のときです。年代で言えば、1992年に合格しています。その後、1993年の春に太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)に入社。ただ、実は大学は卒業し損ないました。

当時の上司に「大学を卒業できませんでした。あと2単位だけなので、卒業させてください」という話をしたら、爆笑されつつもOKをいただきました。ですので、入社後に大学を卒業しています。

仙石)監査法人にはどのくらい所属されていたのですか?

荒井)正式に辞めたのは98年の12月。28歳のときでした。93年に入社して98年に辞めていますので、5年9ヶ月ほど所属していたことになります。ただ、97年には会社を設立していますので、すでに創業20周年というわけです。

もともと会社をつくると決めたときは事業内容を決めていませんでした。その点、会計士としてM&A業務に携わる中で、いろいろな会社が変わっていく姿をみて、M&Aの仲介というビジネスは面白いと思い、事業をスタートしました。

当然、上司には反対されましたね。「無謀なことはやめろ」と。慰留されてから半年ほど待ちましたが、それでも諦めきれずに別の上司に話したら、「どうせやるなら無謀じゃなければダメだ」と、逆に背中を押されました。

今、振り返ってみると、そのときの上司の言葉が響きます。無謀じゃなければ成功しない。またある人は、「成長とはバランスを崩すことだ」と言っていましたが、まさに、その通りだと思いますね。歪みこそ人の成長につながるのです。



次のページM&A仲介事業を主軸に据えて

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。


Ads by Google



LEAVE A COMMENT