前田敦子さんがスピード破局!彼を辟易させる「重い女」の特徴って… – 愛カツ

Home » 公認会計士 » 前田敦子さんがスピード破局!彼を辟易させる「重い女」の特徴って… – 愛カツ
公認会計士 コメントはまだありません



一般男性との交際が伝えられていた前田敦子さんが、交際半年足らずでスピード破局していたことが女性週刊誌で報じられました。

破局の理由は、“重すぎた”から、とのこと。

前田敦子さんといえば、前回、歌舞伎俳優の尾上松也さんと交際していたときも同じ結末が報じられていました。一途に彼を愛していたのに、なぜか長続きせずに毎回フラれてしまう……。それって、男性に“重い女”認定されてしまうことが原因かも。

「うざっ!」「もう無理……」と、男性が辟易しまう“重い女”に共通する特徴をまとめました。

彼氏を辟易させる重い女

■1:まるで母親気取り

「彼女が部屋に遊びに来たとき、ちょっと目を離した隙に、掃除機を出して部屋の掃除を始めたんです。思春期のころ、親に勝手に部屋の掃除をされたときのような、鬱陶しい気分でしたね。別の日には洗濯物がたたまれていて、もううんざり。母親かよ!って思いました。」(32歳/パーソナルジムトレーナー)

「やたらと健康管理を気にして口出ししてくる子がいました。俺の体を気遣ってくれるのはうれしいけど、“お昼は何食べたの?”とか“野菜もっと食べなきゃ”とか食事バランスのチェックが毎日うるさくて。だんだん存在が重くなりましたね」(28歳/外車ディーラー)

男性へ尽くすことこそが愛情表現だと思い、あれやこれやと世話を焼いていては重い女だと思われるだけです。“恋人”は、彼の母親ではありません。頼まれてもいないのに、せっせと掃除や洗濯をするなど、“あなたのためを思って”という押しつけがましい態度は控えましょう。

■2:束縛が激しい

彼と破局する重い女の特徴とは

女性は、彼ができると恋愛のことで頭がいっぱいになりがち。一方、男性はこれまでどおり友人や仕事仲間との時間も大切にします。ただの飲み会なのに、浮気を疑われてメンバー確認されたのでは男性もたまりません。

「何で週末会えないの?」「また学生時代の友達と飲み会?」「どこで?」不安や嫉妬からスケジュールを把握しようとして、飲み会の場に女性がいるだけで焦っていては、重い女だと思われ彼に逃げられるだけです。

■3:やたらと周囲にアピール

「デート中にやたらと一緒に写真を撮りたがる女性がいました。しかもそれをLINEやフェイスブックのアイコンに使うんですよ。何アピール?って感じ。俺も入れる必要あります?」(30歳/公認会計士)

これ、筆者のまわりにも何人かいます(笑)。彼が嫌そうな素振りを見せているのに、デートのたびにインスタグラムのストーリーで1時間刻みでデート中継をしていた女性は、半年足らずで別れました。

浮かれる気持ちもわからないでもないですが、アピールよりもデートに集中しましょう。周囲への過度なアピールに、男性は“逃げられないようまわりを固められている”気持ちになり、重い女だと思われてしまいますよ。

■4:すぐ結婚や出産の話をする

彼が辟易する重い女

なかなか結婚に進まないからと「部活の友達で結婚してないの、私だけになっちゃった」「職場の後輩が妊娠6カ月なんだって。先越されちゃった」など、まわりの結婚話ばかりしてしませんか?

これって、結婚や出産への焦りだけが伝わってしまい、「またその話かよ……」と重たく感じられるだけ。

前田敦子さんも前回の恋では、尾上さんのお母さんや歌舞伎関係者に挨拶に行くなど結婚に進みたいと焦り、先回りばかりしていたようです。恋愛にのめり込みすぎるあまり、男性が引いてしまい、破局を招いてしまう前田さん。いくら好きな女性でも、“重い女”と思われてしまっては、そのうち愛情も冷めてしまいます。

「重い」と思われたくない女性は、日ごろの言動にご注意を。いきなり“重い女”認定されて前田さんのようにスピード破局しないように、気をつけましょうね!(麻生アサ/ライター)

【参考】前田敦子、スピード破局に「男見る目なさすぎ」!「不倫だけは勘弁して」と周囲はヤキモキ!?

(愛カツ編集部)





LEAVE A COMMENT