細野氏、新党は安保法を容認 「現実的に対応できる」 – 宮崎日日新聞

Home » 司法書士 » 細野氏、新党は安保法を容認 「現実的に対応できる」 – 宮崎日日新聞
司法書士 コメントはまだありません



2017年09月19日15時57分

 細野豪志元環境相は19日の民放番組で、小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員との国政新党結成を巡り、新党の下で安全保障関連法に基づく集団的自衛権の行使を容認する考えを表明した。北朝鮮情勢に触れ「新党では現実的に対応できる」と述べた。民進党などの野党は安保法の廃止を訴えている。

 細野氏は、憲法改正の議論に前向きに取り組みたいとして、地方自治を規定する憲法8章の改正や、大災害時に国会議員の任期を延長する緊急事態条項を優先すべきだと説明した。安倍晋三首相が目指す9条改正に関しては「優先順位が高いかというと、ちょっと疑問がある」と指摘した。

【写真】 細野豪志元環境相



全国のニュース




LEAVE A COMMENT