「副院長は解任」、納得できず病院を提訴 Vol.19 – m3.com (登録)

Home » 公認会計士 » 「副院長は解任」、納得できず病院を提訴 Vol.19 – m3.com (登録)
公認会計士 コメントはまだありません



2017年9月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1997年1月末、済生会中央病院のスキャンダルが、朝日新聞に報じられた。済生会中央病院を運営する東京都済生会は社会福祉法人であり、税制上の優遇を受ける代わりに、運営の公益性や経営の健全性が求められており、定款上、リスクを伴う資産運用は禁止されていた。にもかかわらず、1984年から7年間にわたり、投資信託や外国債券など有価証券投資を行い、10億円近い評価損を出すなど、その経緯を問題視する内容だった。スキャンダルが明るみに出たきっかけは、その前年の1996年の夏、当時の院長宛てに届いた一通の告発…

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事



LEAVE A COMMENT