娘を家出させた家事放棄妻の”馬乗りの夜” – PRESIDENT Online

Home » 行政書士 » 娘を家出させた家事放棄妻の”馬乗りの夜” – PRESIDENT Online
行政書士 コメントはまだありません



▼関連記事

恋愛、結婚、離婚、再婚、婚活、浮気、不倫……。世は変われども、男と女のいさかいが尽きることはありません。行政書士で男女問題研究家の露木幸彦氏のもとには、日々、そんな泥沼状態から抜け出さんと多くの相談者がやってきます。その痛切なトラブルエピソードを、ぜひ他山の石としてもらえればと思います。

第2回のテーマは、「ある年収1000万円世帯」を襲った母娘不和による悲劇。お金では処理しきれない話です。前編と後編にわけてお届けします。

世帯年収約1000万円 お金では解決できない家庭内の不協和音

かつてこんな経験をしたことはないでしょうか。夏休みが終わり、久しぶりに学校の教室に入ると1人のクラスメートの姿が見当たらない。でも、その座席が空いたまま、淡々と2学期が始まっていく。そのうち誰も話題にしなくなってしまう……。

2015年の高校の不登校率は1.4%(文部科学省調べ)。300人に4人は学校に通っていないという計算になります。不登校の理由はさまざまです。学校での問題だけでなく、家庭環境が問題となるケースもあります。親子関係の軋轢により、「家出」をして、不登校に至ることも珍しくはないようです。

実は1年の間で最も家出(発見件数)が多いのは9月(2014年、警視庁調べ)。2学期の始まりである9月は、親にとって鬼門の月なのです。

今回の相談者、梶浦達也さん(52歳、仮名)も家出した娘を心配する父親です。達也さんが私のところへ相談に来たのは、娘が行方をくらませてから3日後のことでした。達也さんは家出の原因となった母親(妻)との関係を解消する覚悟をしていました。

いったい、どういうことでしょうか。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
夫:梶浦達也(52歳)→会社員(年収900万円)☆今回の相談者

妻:梶浦智子(51歳)→パートタイマー(年収80万円)

長女:梶浦茜(18歳)→高校生

長男:梶浦暁(14歳)→中学生

▼母親に家事を押し付けられた長女が家出した

写真はイメージです

長女の茜さん(以下、娘)は次のように言い捨てると、顔を真っ赤にして部屋を飛び出し、駆け足で家の外へ出ていってしまったそうです。

「ママは昼も夜も家にいない! 家事を私に押し付けてきて、もう我慢の限界! そんなママとはもう一緒にいたくない!」

達也さんと妻はあわてて追いかけましたが、見失ってしまいました。翌朝、学校へ問い合わせましたが、やはり登校していません。

「どうしていいかわからない! もうお手上げだわ!!」

妻が吐き捨てた言葉によって達也さんの不安はますます膨らんでいきました。もしや家出? 達也さんは、『激録・警察密着24時』といったテレビ番組のイメージが浮かんだといいます。夜の街の路上でマイクを向けられるのは顔面全体に濃いモザイクをかけられた少女。年齢不詳の厚化粧によれよれの制服。援助交際や売春など“悪の道”に転落にしたり、誘拐されて殺されてしまったり……。そんなことを考えて不安になったそうです。





LEAVE A COMMENT