無資格の事務員に弁護士業務させる 37歳男性弁護士を処分 神奈川県弁護士会 – 産経ニュース

Home » 弁護士 » 無資格の事務員に弁護士業務させる 37歳男性弁護士を処分 神奈川県弁護士会 – 産経ニュース
弁護士 コメントはまだありません



 弁護士資格のない男性事務員に弁護士業務をさせるなど弁護士法に抵触する非弁行為があったとして、神奈川県弁護士会は7日、同会所属の林敏夫弁護士(37)を業務停止1年6カ月の懲戒処分にした。

 また、同法違反(非弁提携)の罪で林弁護士と事務員の告発状を横浜地検に提出したと発表した。

 同会によると、林弁護士は平成27年6月ごろから翌28年9月中旬までの間、事務員が弁護士資格を持っていないにも関わらず男女トラブルの委任契約などを行っていたことを知りながら、容認していたほか、事務員に頼まれ、自分が受任している事件と関係のない住民票を職務上請求し、1通あたり1万8千円と引き換えに渡していたという。

 金銭上のトラブルから、事務員が同会に林弁護士の懲戒請求をしたことなどから発覚したといい、林弁護士は同会の調査に「事務員がそういうことをしているのは知っていた」などと話しているという。

 同会の延命政之会長は記者会見し、「不祥事の防止などに一層努力していく」などと話した。





LEAVE A COMMENT