積水ハウスが63億円被害の「地面師」、弁護士などが協力の例も – マネーポストWEB

Home » 司法書士 » 積水ハウスが63億円被害の「地面師」、弁護士などが協力の例も – マネーポストWEB
司法書士 コメントはまだありません




不動産

積水ハウスも「地面師」の被害に(問題となった土地)

積水ハウスも「地面師」の被害に(問題となった土地)

 東京五輪バブルを前にして活況を呈する不動産売買の“間隙”に潜り込んで、巨額のカネを騙し取る。そうした詐欺師は「地面師」と呼ばれる。裏社会で暗躍する彼らの存在が明るみに出た。その被害者は、大手住宅メーカー「積水ハウス」。東京・五反田駅前にマンション用地として取得したはずの600坪、土地の価格70億円のうち63億円は既に支払われたが、土地の所有者は赤の他人がなりすました「偽者」だった。そしてこの偽物の行方は分からない。

 地面師は不動産業界の暗部であり、確信犯として事件に関与するのは100人程度しかいない。だが、彼らを中心に通常、複数のチームで動く。土地所有者になりすます人物を用意し、「にんべん」という隠語で呼ばれる偽造屋(呼び名は「偽」の人偏から)に身分証明書、土地の権利書などの書類を偽造させる。さらには、弁護士や司法書士などの「士族」も地面師に協力しているケースがある。

 あるときは群れるが、すぐに離反し、離合集散が激しい。今回。積水ハウスを陥れた地面師グループにしても、どれだけ付き合いが深かったか、実際のところは分からない。こうした地面師のやり方には理由があると、地面師に詳しい不動産コンサルタントの長嶋修氏が解説する。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。





LEAVE A COMMENT