お勧めの投資分野は農業 [法務・税務・会計] リ・タイセン – カンボジアビジネスパートナーズ

Home » 弁護士 » お勧めの投資分野は農業 [法務・税務・会計] リ・タイセン – カンボジアビジネスパートナーズ
弁護士 コメントはまだありません



HBS LAW

パートナー・マネージングダイレクター、弁護士 : リ・タイセン Ly Tayseng

パートナーの1人がカンボジア王国弁護士会の会長を務めるなど、国内最大のローファームHBS LAW。国際業務経験の豊富なカンボジア人・外国人弁護士の下、チーム一丸となって、誠実でバランスのとれたリーガルサービスの提供を心掛けている。 数多くの多国籍企業のアドバイザーとして活躍しているリ・タイセン弁護士に、投資における最近のホットトピックスとHBS LAWが選ばれる理由を語っていただいた。(取材日:2016年9月)

農業分野に期待

前回の続き
――では、タイセン弁護士から見て、お勧めの投資分野を教えて下さい

リ・タイセン弁護士(以下、リ弁護士) 個人的にお勧めするのは、長期投資の1つである農業です。カンボジアは、農業国ですから。広大な土地、安い地価、労働者はまだ低賃金と利点は沢山あります。しかし、技術を持っていません。ですので、日本から資金だけでなく技術も移転されることも期待しています。政府としても農業・農作物の輸出拡大に力を入れています。一方、投機的な不動産投資は減少するでしょう。特に今後数年は難しいのではないでしょうか。

 農業や食品分野はまだまだ成長の余地があります。高品質の米や果物を作れば高く売れますし、フィリピン、EU、中国、米国などどこにでも輸出できます。大切なのは品質です。一方、カンボジアの灌漑技術はまだ未発達です。日本からの技術移転により農業分野の投資環境が改善されることを期待しています。

政府との強いネットワークと豊富な知識

――なぜHBS LAWは、金融業界、証券取引、不動産取引などに強みがあるのでしょうか

リ弁護士 数多くの国内外のクライアントの案件を処理した実績があるからです。

 HBS LAWは、2005年の設立以降、プロジェクトファイナンスやシンジゲートローンを主要な取り扱い業務の1つとしています。また、HBS LAWはカンボジア証券取引委員会及びカンボジア証券取引所と緊密に働いており、証券分野の法令の制定に関与しています。私はある銀行の独立取締役を務めていますし、複数の銀行の顧問弁護士になっています。HBS LAWは多くの銀行にアドバイスしており、最大手4機関を含む主要なマイクロファイナンスにも法的サービスを提供しています。金融・証券分野において、法的アドバイスを提供するためには、企業法・銀行法・証券法などに関する幅広くかつ深い知識が必要です。数多くの案件を処理することにより培った幅広く深い知識がHBS LAWの強みです。これは不動産分野についても言えることです。HBS LAWは、ホテル、サービスアパートメントなど数多くの不動産取引に関与した実績があり、不動産取引に関する豊富な知識があります。

 HBS LAWはカンボジア王国弁護士会に認可された適法な弁護士事務所です。なお、カンボジアには多くの法律コンサルティング会社があり、法的アドバイスをしていますが、このような行為はカンボジアの法令に反する違法行為です。

 HBS LAWのメンバーは全員英語が堪能ですし、フランス・中国語が話せる者もいます。また、出身国の資格を有する外国人弁護士もおり、カンボジア人弁護士・リーガルアドバイザーと一緒になって全員がチームとして働いています。松原禎夫弁護士のような日本の弁護士、その他にも英国の事務弁護士、カナダの弁護士などが在籍しています。このような国際的知識・経験とカンボジア法・実務に関する知識・経験の融合により、HBS LAWは、日本、ヨーロッパ、米国、アフリカを含む多くの外国企業のクライアントから信頼されています。これにより、HBS LAWはカンボジアで最大の法律事務所の1つとなり得ているのでしょう。

――最後に、読者の方へメッセージをお願いします

リ弁護士 どうぞカンボジアに来て下さい。また、長くカンボジアで活動してください。カンボジア人は、いつでも日本人を温かく歓迎します。最近では、懸念されてきた汚職や権威主義は徐々に減少しており、投資家がより安心して投資できる環境が作られています。日本人投資家にとっての優遇措置もあります。政府は日本人投資家を全力でサポートします。(取材日:2016年9月)






LEAVE A COMMENT