【日航機墜落32年】97家族359人「命の大切さ知って」 – BIGLOBEニュース

Home » 公認会計士 » 【日航機墜落32年】97家族359人「命の大切さ知って」 – BIGLOBEニュース
公認会計士 コメントはまだありません




 520人の命が奪われた日航ジャンボ機墜落事故から12日で32年を迎えた。日中にかけて気温が上昇する中、多くの遺族や関係者が事故現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」を早朝から訪れ、祈りをささげた。事故後に生まれた若い世代も参加、未曾有(みぞう)の事故から得た教訓は途切れることなく受け継がれている。(吉原実、橋爪一彦)

 熊本県八代市(やつしろし)の内科医、佐々木雅人さん(57)は、叔父の祐(ゆたか)さん=当時(39)=を亡くした。祐さんは冷静沈着で周りから尊敬されていた。一回忌以来の慰霊登山で、「『長い間、来られなくてごめんね』と伝えたい。本当にたくさんの方が苦しまれた、胸が締め付けられます」と話した。妻と娘3人、初めて、家族そろって登った。雅人さんは「命の大切さを分かってほしかった」と家族への思いを口にする。

 東京都杉並区の会社員、山本直幸さん(48)は父の幸男さん=同(48)=を亡くした。出張中だった。「父は怖かった。会社の創業に関わっていたので、なかなか家にいなかった」と振り返る。初めての慰霊登山は事故後約20年で、「なんとなく(現場に)近づきたくなかった」と説明する。これまでは11月の閉山シーズンを前に登ることが多く、当日の“8・12”に登るのは初めて。

 「三十三回忌ということで区切りになった。「『健やかに、穏やかに』と伝えた」と話した。

 海外出張の帰りに父の谷間寛さん=同(43)=を亡くした兵庫県芦屋市の公認会計士、高さん(48)は、今年1月に73歳で亡くなった母の庸子さんの思いも背負い、参加した。「(母は)事故後、私たち子供3人を一生懸命育ててくれた。その感謝と父に報告するために登りました」と流れる汗をぬぐいながら語った。

 奈良県御所市の田仲威幸さん(62)は、事故で妹の仁美さん=同(28)=夫婦ら3人を亡くした。車を12時間走らせ、現地を訪れた。「妹はかわいい子供と夫に囲まれ幸せの絶頂だった。32年はあっという間。体力の続く限り、ここに来たい」と話し、花と砂糖菓子を手向けた。

 前日の雨で足下がぬかるむ山道を、過去3番目に多い97家族359人が懸命に歩を進め、悼んだ。遺族は高齢化するものの、子や孫世代の登山者が多く訪れた。

 御巣鷹には他の事故や災害遺族も慰霊に臨んだ。

 宮城県石巻市の大工、紫桃●(=隆の生の上に一)洋さん(53)は6年前の東日本大震災で小学5年だった次女を亡くし、翌年から欠かさず、慰霊登山を行っている。「事故であれ災害であれ、尊い命をなくすことに違いはない。私たちにできることは子孫に伝え、残していくこと」と語り継ぐ意義を強調した。






LEAVE A COMMENT