新たな所属は、市場移転やビックサイト問題に取り組む経済港湾委員会に。都議会20期が本格スタート – BLOGOS

Home » 公認会計士 » 新たな所属は、市場移転やビックサイト問題に取り組む経済港湾委員会に。都議会20期が本格スタート – BLOGOS
公認会計士 コメントはまだありません



こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日、都議会臨時本会議が開催され、議長・副議長の選出や、各常任委員会への所属が決定されました。

議長・副議長には慣例通り都議会第一会派の都民ファーストから尾崎都議、第二会派の公明党から長橋都議が選出されましたが、これまで期数を重ねた大物議員が就任することが通例だった「監査委員」に、新人で公認会計士のなりきよ都議が任命されるなど、新しい動きも出てきています。

また、オリパラ特別委員会・議会改革検討委員会が全会一致で設置され、豊洲市場移転問題特別委員会の設置は否決されました。

選挙後初の都議会 市場問題の特別委は設置されず
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107312.html

前期で特別委員としてこの問題に深く取り組んできた身としては、個人的に思う部分もありますし、たしかに特別委員会には所管局を越えた横串の議論が行いやすいなどのメリットがあります。

一方、常任委員会でも所管局を越えた議論がまったくできないというわけではないですし、場合によっては複数の委員会が「合同」で審議をする場を設けることもありえます。

とはいえ一義的にはまず、市場移転の諸課題については「経済・港湾委員会」で議論されていくことになり、私の所属は希望が通ってまさにこの委員会になりました。

会派や議員によってスタンスや意見は異なりますが、この委員会で市場移転について積極的な議論と情報公開が行われるよう、私も自分の立場でできる限りのことをしていきたいと思います。

経済損失1兆円の危機!?スルーされ続けてきた「ビッグサイト問題(コミケ問題)」の解決を
http://otokitashun.com/blog/daily/15388/

また経済港湾委員会は中央卸市場だけでなく、コミケ開催が危ぶまれるなどの「ビックサイト問題」を抱える産業労働局も所管の一つです。こちらについてもしっかりと取り組み、皆さまに結果をお示ししていく所存です。

そして本日をもって工事に入るため、丸4年間お世話になった議事堂5階の会派控室を撤収しました。

みんなの党→かがやけTokyo→都民ファーストの会東京都議団

と名前を変えながら、文字通り苦楽を共にした場所なので(百条委員会で何度宿泊したことか…!)、ポスターを剥がして施錠する瞬間にはグッとくるものがありました。寂しいなあ。。

9月からは新しい控室で、新たな仲間とともに、前を向いて活動を続けて参ります。

それでは、また明日。


ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話

おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿





LEAVE A COMMENT