賠償金を盗んだ容疑で弁護士逮捕 – バンコク週報 (会員登録)

Home » 弁護士 » 賠償金を盗んだ容疑で弁護士逮捕 – バンコク週報 (会員登録)
弁護士 コメントはまだありません



警察当局はこのほど、12年前に交通事故で負傷したことで原因で車いす生活を余儀なくされている現在14歳の少女の代理人弁護士だったピシット容疑者を少女に支払われた賠償金500万バーツのほとんどを着服した疑いで逮捕したと明らかにした。容疑者は先にバンコク都ミンブリ区のコンドミニアムの駐車場で捕らえられたとのことだ。

少女は2005年に南部スラタニ県で父親の運転するピックアップトラックに乗ってたところ大型トラックに衝突されて負傷し半身不随となった。父親はこの事故で死亡。少女の母親によれば、容疑者が無料で弁護をすると申し出てきたことからトラックを所有する会社との交渉などを任せたものという。

2014年になって容疑者が「会社が100万バーツの賠償に同意した。賠償金は毎月4万バーツ支払われる」と説明。7か月にわたり容疑者から賠償金を受け取ったが、その後容疑者と連絡がとれなくなった。

また、母親が会社に問い合わせたところ、会社が賠償金として容疑者に500万バーツを渡していたことが判明したとのことだ。





LEAVE A COMMENT