57歳、貯金はあるが、85歳の母親と兄の医療費が不安 – エキサイトニュース

Home » 司法書士 » 57歳、貯金はあるが、85歳の母親と兄の医療費が不安 – エキサイトニュース
司法書士 コメントはまだありません



■自分たちも共倒れにならないよう支援するには……?
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、母親と兄の医療費に悩む50代の女性の方です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

■相談者
桜さん(仮名)
女性/公務員/57歳
カナダ/持ち家・一戸建て

■家族構成
夫(カナダ人/公務員/57歳)

■相談内容
私はカナダ人の主人と結婚して20数年、ともにカナダの大学で教えています。こちらの生活については、経済的にはそう大きな心配はないのですが、3年前から思いがけず、実家の母と兄の生活を支えることになりました。日本の様子を知らないため、ただただ不安でなりません。

今年85歳になる母は市営住宅に住み、月16万円(手取り額)の年金生活です。 3年前にせん妄状態になり、今は回復しましたが、その時カードローンなど150万円余りが発覚、娘の私がすべて精算しました。その後、成年後見人を申し立て、今は司法書士さんが2週間ごと母に2万5000円生活費を渡してくれています。 母からは300万円の死亡保障保険に入っていると聞いていましたが、調べてみると解約して解約金も使い果たし、貯金もなく、国民保険しか入っていません。

61歳で統合失調症の兄は、賃貸アパートで母とは別に暮らしています。この4月から月13万円ほどの障害年金の他、企業年金 が毎月3万円ほど入るそうです。





LEAVE A COMMENT