介護業界の生き地獄 貧困現場と豪遊上層部の絶望的な格差 – ニフティニュース

Home » 社会保険労務士 » 介護業界の生き地獄 貧困現場と豪遊上層部の絶望的な格差 – ニフティニュース
社会保険労務士 コメントはまだありません



介護業界の生き地獄 貧困現場と豪遊上層部の絶望的な格差

介護を取り巻く問題は尽きない

 2025年の日本は、団塊の世代が後期高齢者となり、国民の5人に1人が75歳以上という、これまで人類が経験したことのない超・超高齢社会が到来する。その一方で介護職は100万人足りなくなるともいわれている。少子高齢化の影響により、有効求人倍率は都道府県によっては4倍弱の超売り手市場のため、重労働・低賃金のイメージが強い介護職には人が集まらず、その傾向は今後も続くだろう。そうなった場合、いうまでもなく社会は大混乱する。『絶望の超高齢社会 介護業界の生き地獄』(小学館新書)を上梓したノンフィクションライターの中村淳彦氏に現代の問題点と、未来像について話を聞いた。

 * * *
──介護というと低賃金・重労働というイメージが染みついている。

「2000年に介護保険制度ができて、民間企業がどっと介護業界に参入するようになってからおかしくなりました。それまでは公務員や準公務員らの仕事だったのが、規制緩和の元、有象無象の企業が参入して、自社の利益を上げるために低賃金・長時間労働で働かせるようになった。毎日終電近くまで働く激務でも賃金は生活保護程度というケースも少なくない」

──そこまで酷いと生活するのもままならない。

「2015年に介護報酬の大幅な引き下げがありました。ただでさえ低賃金なのに、さらに報酬が減らされた。まともにやっていけるわけがなく、普通に働いても普通の生活ができない女性介護職たちの売春が激増しています。風俗嬢との掛け持ちは、もはや当たり前で“パパ”を見つけて援助してもらっている女性介護職も山のようにいる。その実態を多くの介護関係者たちは否定するけど、事実を言ったら差別されるので、本人たちが事実を話すわけがないです」

──劣悪な労働条件で働いていると精神を壊す人も多いはずですね。

「精神疾患で壊れ、離職を余儀なくされる介護職たちは枚挙にいとまがない。どこの施設にもいる。離職して逃げることができれば、まだマシな方で、モンスター家族に追い詰められて、暴力に走ったりするのは日常茶飯事。入居者を虐待、最悪殺してしまうという陰惨な事件も多発しています」

──一部の介護関係者が集まり、異常な性行為が行われていることには驚きました。

「都内に異常性欲者のたまり場があるのですが、男性、女性ともに介護関係者だらけ。たまり場の経営者に『介護の人ばかり、いったいどうなっているのか?』と逆に質問されるような状態です。ここではとても言えない変態行為が店内で公然と行われていました。客の女性介護職たちはストレスだけでなく、貧困も抱える。なので、生活のために買春相手を斡旋してもらっていました」

──そこまで酷いとは信じられないですね。

「私は介護事業所を7年運営した経験があります。覚せい剤中毒の女性介護福祉士がいたり、認知症女性の入浴介助に興奮する中年童貞がいたりと散々でしたよ」

──働く職員だけではなく、業界上層部の中にもとんでもない人が多いことが書かれていました。

「本書では若手ベンチャー経営者が主催する介護業界の洗脳の祭典を潜入取材しましたが、若者たちを『やりがい』などといった美辞麗句で洗脳し、徹底的に安くこき使い、壊れたらポイ捨てといったビジネスモデルが確立されています。さらに先日内部関係者から告発があり、その洗脳駆使したブラック経営するある業界上層部は全国各地に愛人が十数人いて、温泉街で介護経営者仲間と乱交など繰り返し、豪遊三昧だそうです。彼ら元々は純粋に介護を志した女っ気のない真面目な青年だったらしく、高校デビューどころか、ブラック経営者デビューして狂ってしまった。貧困に苦しむ現場職員と、遅咲き豪遊上層部の格差は見ていられない領域となっています」

──経営者といえば、暴力団が介護事業所を運営しているというのにはさすがに驚きました。

「現在進行形で、多くの組織が都道府県から認可を受ける指定介護事業所を運営しているようです。見た目は普通の介護事業所、実態は暴力団直営で、当然コンプライアンスを守るわけがない。自社で雇用するケアマネジャーや医者、歯科医、接骨院、社会保険労務士などと組んで架空請求しまくる。さらに資産のある高齢者には高額商品を買わせまくり、挙げ句に助成金詐欺も。正規の介護報酬の他に、いくつもの詐欺的な収入源があるので、それはめちゃくちゃ儲かりますね」

──さらに、国の方針で元受刑者たちが介護現場に投入されているとか。

「2016年11月に法務省コレワーク(矯正就労支援情報センター)の業務が開始されました。刑務所出所者を介護現場に誘導する取り組みです。女性犯罪の多くは窃盗犯と薬物中毒犯で、再犯率は高い。そういう類の人々が介護現場に投入されたらどうなるか。結果は火を見るより明らか。窃盗事件が増え、施設職員たちの間に薬物が蔓延する。役人は現場をわかっていないから、こういう安直な発想しか出てこないのです」

──絶望的な気持ちにさせられますね。

「さらに嫌な予感がするのは、これから全国の市区町村で始まる地域包括ケアシステムですね。簡単にいえば、軽度要支援高齢者を病院や介護施設から締めだし、自宅に帰らせて、地域住民のボランティアなどによって介護をするという取り組み。軽度要支援高齢者は普通に歩行ができる認知症高齢者が多く、間違いなく大混乱となります。普通に考えて徘徊による高齢者の迷子が多発、車に轢かれて亡くなる認知症高齢者も増え、地域によっては冬場など一晩で凍え死ぬことも起こりうる。朝方、路上に高齢者の遺体がゴロゴロと転がるような絶望的な事態になるかもしれません」

──何か手はありますか?

「早急に必要なのは介護業界を『高齢者ではなく、介護職のための業界にする』ことです。介護職たちの報酬を上げることはもちろん、高齢者のためのサービス業という意識を少し捨てる。高齢者より、現役世代の介護職が大切という考え方を全国民がするべきです。これまでお客様扱いされてきた高齢者には厳しいかもしれないが、自分たちも我慢しなければ、そのツケは自分たちに返る。高望みはせず、ある程度の諦めも必要です。そこからスタートすれば、現在の暗黒な状況が少しは好転するのではないかと思いますね」





LEAVE A COMMENT