<青森中2自殺>「弁護士を複数に」遺族要望 – 河北新報

Home » 弁護士 » <青森中2自殺>「弁護士を複数に」遺族要望 – 河北新報
弁護士 コメントはまだありません



青森のニュース

<青森中2自殺>「弁護士を複数に」遺族要望


 青森市浪岡中2年の葛西りまさん=当時(13)=が昨年8月にいじめ被害を訴えて自殺した問題で、葛西さんの遺族は7日、市教委に対し、市いじめ防止対策審議会の新委員に、複数の弁護士を選任するよう要望した。
 葛西さんの遺族は、学校側の対応に問題があったことなどへの前委員の認識が不十分だとして、複数の弁護士で再評価する必要があると判断した。解任を求めていた前委員が適格性を欠いていないとした市教委に対しても再度、不信感を示した。
 市内で同日、記者会見した父の剛さん(39)は「市教委に対する信用はなくなったが、真実を明らかにしたい」と話した。
 審議会は3月26日、葛西さんの自殺を「いじめを含むさまざまな要因が関わった死」とする報告書案を遺族に説明。遺族側は「納得できない」として一部の委員解任などを求める要望書を提出した。
 市教委は応じないと回答したが、5月末に全委員を任期満了に伴う退任とし、後任を県外から選ぶことにした。前委員が作成した報告書案は資料として引き継がれる。

2017年06月08日木曜日





LEAVE A COMMENT