大渕愛子弁護士 “頭の形を治す”ヘルメットを被った次男の姿を公開 – エキサイトニュース

Home » 弁護士 » 大渕愛子弁護士 “頭の形を治す”ヘルメットを被った次男の姿を公開 – エキサイトニュース
弁護士 コメントはまだありません



現在タレント活動を自粛中の大渕愛子弁護士が、ブログ6か月の次男・昂生くんが「頭蓋形状誘導ヘルメット」での治療を開始したことを報告した。“赤ちゃんのゆがんだ頭の形を治療できる“ことを初めて彼女のブログで知った読者も多く、我が子の頭の形に悩む母親を中心に大きな反響を呼んでいる。

6月5日の『大渕愛子オフィシャルブログ』には、昂生くんが「頭蓋形状誘導ヘルメット」を装着し腹ばいになって絵本を見ている写真が公開されている。装着時間の目標は一日23時間ということで、最初の2週間くらいは慣らし期間。1~2時間ずつから、徐々に時間を増やしていく計画だ。5月24日から治療を開始したようだが、6月4日にはほぼ終日ヘルメットを装着して遊んだり、寝たりして愚図ることなく過ごしたというから大渕も「赤ちゃんの順応性は素晴らしい」と感心している。

この乳児がある一定期間ゆがんだ頭の形を治療するため、ほぼ終日ヘルメットを装着して生活することにネットでは賛否両論であった。「成長すれば自然に頭の形は治るのでは? 親が気にしすぎ」「赤ちゃんにヘルメットを被せたままなんて、可哀想」という声、「この治療法を知っていれば、我が子にも受けさせたのに」「頭の形が悩みなので、自分も赤ちゃんの時に治して欲しかった」という意見もある。

確かに頭のいびつな形は病気が原因で起こるものでなければ、治療が必要かどうかは親の判断に任せられる。治療できる月齢が限られている「頭蓋形状誘導ヘルメット」治療を、出産前に知っておくことはその判断の材料になろう。大渕愛子弁護士のブログでこの治療法を知り、専門医を訪ねようと考えた母親も実際にいるのだ。

画像は『大渕愛子 2017年6月5日付オフィシャルブログ』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)





LEAVE A COMMENT