改定ルール、現役世代に有益 – 日本経済新聞

Home » 社会保険労務士 » 改定ルール、現役世代に有益 – 日本経済新聞
社会保険労務士 コメントはまだありません



 今は年金の受給開始時の額を現役世代の賃金変動率に連動させ、受給開始後は年金額の実質的価値を維持するため、物価変動率に連動して改定するのが原則です。ただし(1)物価が下がり賃金がさらに大きく下がったときは開始時も開始後も物価下落率で改定(2)賃金が下落し物価が上昇すれば開始時も開始後も据え置き――とのルールがあります。要は賃金下落ほどは年金額は下げない…





LEAVE A COMMENT