福岡県弁護士会/新会館工事見積もり/6月23日まで参加受付 – 日刊建設通信新聞 (会員登録)

Home » 弁護士 » 福岡県弁護士会/新会館工事見積もり/6月23日まで参加受付 – 日刊建設通信新聞 (会員登録)
弁護士 コメントはまだありません



完成予想

 福岡県弁護士会は、福岡県弁護士会館新築工事の施工者の選定に当たり、見積業者を募集する。23日までエントリーを受け付け、7月3日までに見積合わせ参加者を複数者選定して通知する。見積書と技術資料は8月7日まで受け付け、総合評価落札方式により、9月27日に施工候補者を選定する。11月までに正式決定する。エントリー用紙は同会ホームページで入手する。担当は同会事務局。
 参加資格は建築一式工事の経営事項審査の総合評点が1200点以上。2011年以降、延べ3000㎡以上の事務所新築工事を単独で竣工した実績。1級建築士か1級建築施工管理技士を監理技術者として専任で配置できることなど。
 福岡市の九大六本松キャンパス跡地に裁判所と検察庁が移転するのに合わせ、1969年建設で老朽化が進む現会館を同地に移転新築する。新会館は市民に開かれ、司法サービスや司法の情報提供を行う場とする。福岡県だけでなく九州一円の弁護士・弁護士会の人権擁護活動の拠点とする。規模はS造4階建て延べ4005㎡。設計・工事監理は古森弘一建築設計事務所が担当。
 工事は建築と電気、機械設備、エレベータ、外構などの一括発注となる。予定価格は10億8000万円(税別)。
 工期は2018年12月まで。建設地は同市中央区六本松4-300-20。敷地面積は3300㎡。





LEAVE A COMMENT