誰にでも振りかかる「現代の悪」をつきつける『三つの悪夢と階段室の女王』 – エキサイトニュース

Home » 行政書士 » 誰にでも振りかかる「現代の悪」をつきつける『三つの悪夢と階段室の女王』 – エキサイトニュース
行政書士 コメントはまだありません



 一口で言うならば葛藤が主題のサスペンス集である。

 増田忠則『三つの悪夢と階段室の女王』は、2013年に第35回小説推理新人賞を受賞した「マグノリア通り、曇り」を含む四作を収めた短篇集だ。増田はこれがデビュー作になる。

 予備知識なしに本を手に取り、巻頭の「マグノリア通り、曇り」を読み始めて驚いた。終始緊迫感があり、まったく間然とするところがないのである。ある日曜日、行政書士の斉木の携帯電話に着信があった。電話を掛けてきたのは聞き覚えのない男の声である。男は言う。娘さんを預かりました。ある場所に監禁しました。絶対に発見されない場所です。私が住所を教えないかぎり。たしかに娘の理央は友達の家に遊びに行くと言って出かけたきり帰っていない。

 実は、事件の予兆のようなものはあった。一ヶ月前のことだ。学校から帰る途中、理央は見知らぬ男からサバイバルナイフのようなもので斬りつけられたのだ。ナイフはランドセルに刺さったままになり、犯人は逃走した。あれもおまえのしわざか、と詰問する斉木に、男は平然と言い返す。そうです。私が本気だってことを、あらかじめ知っておいてほしくて。

 題名にあるマグノリア通りに、電話の男の支持に従って斉木は行くことになる。そこで起きる出来事、なぜ彼がそんな事件に巻き込まれなくてはならなかったのかという理由については実際に読んで確かめていただいたほうがいいだろう。現代に生きる人は自身に咎がなくても突然残酷な事件に巻き込まれることがある。





LEAVE A COMMENT