行政書士の町議逮捕 偽造の通帳コピーを提出容疑 福岡 – 朝日新聞

Home » 行政書士 » 行政書士の町議逮捕 偽造の通帳コピーを提出容疑 福岡 – 朝日新聞
行政書士 コメントはまだありません



 故人の財産状況を福岡家裁に報告する際、偽造した通帳のコピーを提出したとして、福岡地検特別刑事部は24日、福岡県新宮町副議長で行政書士の矢山尚司容疑者(65)=同町=を偽造有印私文書行使の疑いで逮捕し、発表した。地検は認否を明らかにしていない。

 地検によると、矢山容疑者は、県内の男性が死亡した後の2011年、福岡家裁から相続財産管理人に選任された。12年10月~15年6月ごろ、家裁に相続財産の管理状況を報告する際、偽の預金残高などが記された通帳のコピー計11通分を提出した疑いがある。(加藤美帆)





LEAVE A COMMENT