1億円あまりを脱税 元社会人野球選手、起訴内容認める – TBS News

Home » 税理士 » 1億円あまりを脱税 元社会人野球選手、起訴内容認める – TBS News
税理士 コメントはまだありません



8日

18時31分

1億円あまりを脱税 元社会人野球選手、起訴内容認める

 元社会人野球の選手で、東京の不動産会社社長が1億円あまりを脱税した罪に問われている事件の裁判で、社長は「間違いありません」と起訴内容を認めました。

 東京・豊島区の不動産業「RITOコーポレーション」の社長・山田仁寿被告(51)は、元税理士の松村信孝被告(48)と共謀のうえ、おととし1月までの1年間に会社の売り上げを少なく見せるなどの手口で3億円あまりの所得を隠し、法人税と消費税など、あわせて1億円あまりを脱税した罪に問われています。

 8日の初公判で山田被告と松村被告は、起訴内容について「間違いありません」と認めました。

 検察側は冒頭陳述で、山田被告が元社会人野球の選手で、隠した所得の一部をマンションや車、腕時計などの購入に充てていたことを明らかにしました。





LEAVE A COMMENT