話題株ピックアップ【昼刊】:ペプドリ、ワキタ、サイステップ – 株探ニュース

Home » 司法書士 » 話題株ピックアップ【昼刊】:ペプドリ、ワキタ、サイステップ – 株探ニュース
司法書士 コメントはまだありません



市場ニュース

戻る

2017年04月10日11時41分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:ペプドリ、ワキタ、サイステップ

ペプドリ <日足> 「株探」多機能チャートより

■ペプチドリーム 4587>  6,250円  +1,000 円 (+19.1%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率2位
 ペプチドリーム4587>がストップ高。同社は特殊ペプチドを活用した医薬品候補物質の創製を手掛けており、国内外のメガファーマと数多く共同契約を締結する黒字創薬ベンチャーとしてマーケットの関心が高い。同社は7日、米製薬大手のヤンセンファーマ社と複数の創薬標的タンパク質に対して特殊環状ペプチドを創製する創薬共同研究開発契約を締結したことを発表、これがポジティブサプライズとなり買い人気が集中している。医薬品の販売額が目標に到達した場合、同社はロイヤルティーとは別に契約一時金やマイルストーンとして最大約1260億円を受け取ることになり収益へのインパクトは絶大となる。

■ワキタ <8125>  1,135円  +98 円 (+9.5%)  11:30現在  東証1部 上昇率8位
 ワキタ<8125>が大幅高で年初来高値を更新した。大阪を本拠に土木建設機械の販売およびレンタルを手掛けるほか、不動産関連事業にも展開する。18年2月期は建機レンタルの復調に加え、訪日客を想定したホテル事業に期待がかかっている。同社が7日取引終了後に発表した17年2月期連結決算は売上高が618億8600万円(前の期比7.4%増)と伸びたものの、営業利益65億7400万円(同2.8%減)、最終利益37億1800万円(同18.1%減)と低調。ただし、これについては株価に織り込み済みで、18年2月期の売上高は645億円(前期比4.2%増)と増収基調を継続するとともに、営業利益は68億円(同3.4%増)、最終利益は47億円(同26.4%増)と増益転換を見込んでおり、これが買いを誘導している。株価指標面ではPBRがわずか0.6倍台に過ぎず、配当利回りも2.7%前後と高いことから、水準訂正余地に目をつけた機関投資家とみられる買いが入っているもようだ。

■オンワード <8016>  858円  +63 円 (+7.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率9位
 7日、オンワードホールディングス <8016> が発行済み株式数(自社株を除く)の2.05%にあたる300万株(金額で27億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は4月12日から8月31日まで。同時に決算を発表。17年2月期の連結経常利益は前の期比1.3%増の55.7億円で着地し、続く18年2月期も前期比27.3%増の71億円に伸びる見通しとなったことも支援材料となった。

■コシダカHD <2157>  2,547円  +174 円 (+7.3%)  11:30現在
 7日、コシダカホールディングス <2157> が17年8月期上期(16年9月-17年2月)の連結経常利益を従来予想の25.1億円→32.7億円に30.1%上方修正。増益率が1.4%増→31.8%増に拡大し、2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。女性向けフィットネスクラブ「カーブス」の会員数増加に加え、主力のカラオケ店でコスト削減を進めたことが寄与した。予定していたシステム投資が後ろずれしたことも利益上振れの要因となった。

■タダノ <6395>  1,387円  +93 円 (+7.2%)  11:30現在
 タダノ<6395>がマドを開けて大幅高に買われ、一気に25日移動平均線との下方カイ離を解消する動き。また、ワキタ<8125>や加藤製作所<6390>が大幅高、竹内製作所<6432>や西尾レントオール<9699>なども高いほか、業界双璧のコマツ<6301>、日立建機<6305>なども買いが優勢となっている。市場では「米中首脳会談が無事に終わり、地政学的リスクはくすぶるものの再び米中の内需政策にスポットが当たりやすくなる。建機株はここリスクオフで大きく売り込まれていた銘柄も多く値ごろ感がある。公共投資計画に積極姿勢をみせる中国や、大規模なインフラ計画を掲げる米トランプ政権の政策恩恵に対する思惑が買い戻しの背景にある。タダノについては国内証券が目標株価を引き上げていることで上げ足が一段と強い」(準大手証券)としている。

■東芝 <6502>  231円  +15 円 (+6.9%)  11:30現在
 東芝<6502>が大幅高。同社が分社化し株式売却する半導体メモリー事業については、ここまで日本企業は入札に前向きではなかったが、直近になって新会社の株式を日本企業が連合を組んで出資する計画が浮上しており、これが株価面にプラスに働いている。また、7日取引終了後、投資ファンドのエフィッシモ キャピタル マネージメントが東芝の株式を買い増したことが、エフィッシモが7日付で関東財務局に提出した大量保有報告書で判明した。保有割合は前回開示の発行済み株式数の8.14%から9.84%(4億1718万5015株)に拡大している。エフィッシモは旧村上ファンド出身者が設立した投資ファンドで「アクティビスト(物言う株主)」として知られるが、同社の株式買い増しに思惑が高まっている。

■電通 <4324>  6,210円  +200 円 (+3.3%)  11:30現在
 7日、電通 <4324> が3月度の単体売上高を発表。3月の単体売上高が前年同月比6.6%増の1926億円と伸びたことが買い材料視された。新聞、雑誌、ラジオは軟調だったものの、テレビが同4.0%増と堅調だったほか、インターネットやモバイル関連のインタラクティブメディアが同22.1%増、マーケティング/プロモーションが同20.5%増と大きく伸びた。

■トヨタ自動車 <7203>  5,892円  +60 円 (+1.0%)  11:30現在
 トヨタ自動車<7203>、日産自動車<7201>、SUBARU<7270>、ホンダ<7267>など自動車株に買いが先行している。直近、ダドリーNY連銀総裁の講演がタカ派的な内容と受け取られ米長期金利が再度上昇基調に転じており、外国為替市場では日米金利差拡大の思惑から足もとは1ドル=111円台前半と円安含みに推移している。これを受けて輸出採算の改善期待から自動車セクターには買いが優勢となった。

■三菱UFJ <8306>  673.5円  +5.8 円 (+0.9%)  11:30現在
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクが高い。三井住友フィナンシャルグループ<8316>やみずほフィナンシャルグループ<8411>も買われている。前週末の米10年債の利回りは2.38%に上昇。7日にダドリー・ニューヨーク連銀総裁が、米連邦準備制度理事会(FRB)の保有資産縮小に伴う利上げの休止は短い期間になりそうと発言したことを受け、米長期金利が上昇。これを受け、大手銀行株には長短金利の利ザヤ拡大による業績好転を期待した買いが優勢となっている。

■久光製薬 <4530>  5,920円  -600 円 (-9.2%)  11:30現在  東証1部 下落率2位
 久光製薬<4530>は急落。同社は7日の取引終了後、決算発表を行い18年2月期の連結営業利益が前期比8%減の241億円となる見通しを明らかにした。前2月期は主力の消炎鎮痛剤などの医療用医薬品が薬価改定でさえず、連結営業利益は前の期比5%減の236億600万円だった。今期も厳しい事業環境が続き連続減益が予想されるなか、株価は売り先行となっている。

■島忠 <8184>  2,517円  -117 円 (-4.4%)  11:30現在  東証1部 下落率7位
 島忠<8184>が大幅反落となっている。前週末7日の取引終了後、17年8月期の単独業績予想について、売上高を1533億3300万円から1418億7200万円(前期比5.4%減)へ、営業利益を119億8100万円から85億2800万円(同16.8%減)へ、純利益を100億1000万円から80億8700万円(同9.4%減)へ下方修正したことが嫌気されている。耐久財である家具などの販売苦戦や日用雑貨用品などの競争激化で、上期の既存店売上高が当初計画の1.7%増を下回る8.0%減となり、上期業績が計画を大きく下振れたことに加えて、今期末までの業績回復は難しいとの判断から下方修正したという。なお、同時に発表した第2四半期累計(16年9月~17年2月)決算は、売上高698億7900万円(前年同期比7.2%減)、営業利益33億5500万円(同30.2%減)、純利益36億3800万円(同11.8%減)だった。

■エスクロAJ <6093>  1,684円  +300 円 (+21.7%) ストップ高   11:30現在
 7日、エスクロー・エージェント・ジャパン <6093> が決算を発表。17年2月期の連結経常利益は前の期比72.2%増の6.9億円に伸びて着地。続く18年2月期も前期比33.4%増の9.2億円に拡大し、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期は司法書士向けをはじめとしたシステムの利便性向上でシステム利用件数が伸び、主力のエスクローサービス事業の収益が拡大する見込み。金融機関向け融資業務の受託を手掛けるBPO事業では徹底的なローコストオペレーション体制の強化を図る。

■大阪有機化学工業 <4187>  1,010円  +150 円 (+17.4%) ストップ高   11:30現在
 7日、大阪有機化学工業 <4187> が17年11月期の連結経常利益を従来予想の23.3億円→27.9億円に19.7%上方修正。従来の10.1%減益予想から一転して7.6%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。半導体や液晶ディスプレー向けなどの電子材料の販売が想定より伸びることが寄与。業績上振れに伴い、今期の上期配当を従来計画の9円→14円(前年同期は12円)に大幅増額し、年間配当は25円になる。前日終値ベースの予想PERが11.9倍→9.7倍に低下する一方、配当利回りは2.91%に上昇し、割安感が強まったことも支援材料となった。

■サイバーステップ <3810>  1,067円  +150 円 (+16.4%) ストップ高買い気配   11:30現在
 7日、PCオンラインゲーム開発大手のサイバーステップ <3810> [東証M]が17年5月期の連結経常利益を従来予想の4400万円→3億3000万円に7.5倍上方修正したことが買い材料視された。テレビCMやクレーンゲームの大規模投入が奏功し、クレーンゲームアプリ「トレバ」の課金収入が大きく伸びることが寄与。「トレバ」は遠隔操作で実際のクレーンゲームが楽しめるサービス。

●ストップ高銘柄
 オービス <7827>  1,430円  +300 円 (+26.6%) ストップ高   11:30現在
 細谷火工 <4274>  925円  +150 円 (+19.4%) ストップ高   11:30現在
 など、8銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース



【関連記事・情報】



LEAVE A COMMENT