【いのちの値段】新技術の行方(6)「患者申出療養」へ二人三脚 – 読売新聞

Home » 弁理士 » 【いのちの値段】新技術の行方(6)「患者申出療養」へ二人三脚 – 読売新聞
弁理士 コメントはまだありません



夫の哲也さんと2人で納まった写真を見つめる轟浩美さん(東京都内の自宅で)=菅野靖撮影  昨年8月、スキルス胃がんを患う弁理士の夫、哲也さんが54歳で亡くなった。闘病した2年9か月間、治療のわずかな糸口を二人で追いかけた。「最善を尽くそう」。夫の口癖は今も、東京都の元教員、 轟(とどろき) 浩美さん(54)の心に宿る。  2013年12月、都立病院で、夫の胃がんが見つかった。胃壁の中を砂に水が染み込…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。





LEAVE A COMMENT