自殺防止へ当番弁護士制度スタート – 大分放送

Home » 弁護士 » 自殺防止へ当番弁護士制度スタート – 大分放送
弁護士 コメントはまだありません

社会問題化する自殺を防ごうと県弁護士会は自殺に特化した法律相談を進める「当番弁護士制度」を全国で初めて導入し、3日から運用をスタートしました。新たな当番弁護士制度は自殺を考えている人やその家族を対象に、専門的な法律相談を受けつける制度で、県弁護士会がきょうから運用を始めました。初日の3日は弁護士2人が県の担当課などを訪れ、チラシ200枚を配布して制度の周知を図りました。新しい制度ではまず県弁護士会事務局がファックスや電話で相談を受けつけます。そして、担当の弁護士が24時間以内に依頼者に連絡をとり、解決に向けたアドバイスをおくります。県警によりますと2016年、県内の自殺者数は205人に上ります。原因別では「健康」に関するものが最も多く、続いて「家庭」や「経済・生活」の問題が続いています。自殺に関する相談は県弁護士会事務局で、平日の午前9時から午後5時まで受け付けています。

LEAVE A COMMENT