主婦パート引っ張りだこ!「勤務時間」「仕事内容」自分に合わせて賢く働け – J-CASTニュース

Home » 社会保険労務士 » 主婦パート引っ張りだこ!「勤務時間」「仕事内容」自分に合わせて賢く働け – J-CASTニュース
社会保険労務士 コメントはまだありません



   いま主婦パートが引っ張りだこだという。飲食・小売り業界は空前の人手不足で、首都圏では平均時給が1000円を超えた。なかでも主婦の求人が多い。求人情報誌の編集長・上土達哉さんは「主婦はきちっと決まった時間にシフトに入ってくれて、コミュニケーション能力も高く、いろんな方に対応することに非常に長けているんです」と解説する。

   いまや主婦パートは取り合いになっていて、大手ファストフードチェーンではハンバーガー作りの仕事体験会を開いたり、埼玉・草加のクリーニング工場は職場に「子どもスペース」を設けたりして子連れ出勤を可能にしている。ある牛丼店は炊飯器を7キロのものから2キロのものに小さくして、主婦でも運びやすくした。

   スーパーの人事教育部長は「企業が選ばれる時代です。企業が選ぶ時代ではありません」と話す。とにかく、極端な売り手市場になっているのだ。

働きやすい職場「ネット検索」ここがコツ

   主婦たちは何を基準にパート先を選んでいるのだろう。東京大准教授の中原淳さんが「主婦が求職時に重視するポイント」を調査した。1位は「生活時間に合わせて働ける」で74・5%だった。2位は「働いている人の雰囲気が良いこと」(64・6%)、3位「安全に働けること」(60・0%)で、「時給が高いこと」は6位だった。「子育てがあるので、とにかく働ける時間優先になるんです」(中原淳准教授)

   主婦の7割が職探しでスマートフォンやパソコンの求人サイトを利用しているのだが、そのコツを上土編集長がアドバイスした。「求人サイトのチェックボックスが開いたら、まず『主婦・主夫歓迎』にチェックを入れます。次に希望する働き場所の細かい住所を入れて絞り込んでください」。これで自宅近く、子どもの幼稚園近くなどのパート先を選ぶことができる。

落とし穴に注意!「労働条件通知書」もらった?

   求人競争が激しくなり、ウソやインチキ求人も増えている。佐藤俊吉アナは「思わぬ落とし穴があります」と注意を喚起した。「求人サイトが国の『職業紹介事業者』の許可を受けているかどうかを確認しましょう。また『電話や面談での面接が一切不要』というのも要注意です」

   じつは求人でなく詐欺だったり、会社に出かけてみたら職場も仕事もまったく違っていたりなんてことも少なくない。中原准教授は「調査では43%が下見に行っています。『ここは大丈夫かな』『どんな人が働いているのかな』『夜になったらどんな条件になるのだろう』というようなことを知ることが大事です」という。

   ゲストの六角精児は「絶対そうですよ。行ってみたり触れてみたりしないとわかりませんよ」

   では、どこに注意したらいいのだろう。社会保険労務士の佐藤正明さんは「『労働条件通知書』を必ず受け取ってください」という。労働条件通知書には(1)労働契約の「期間」(2)就業の「場所」および「業務」(3)「時刻」「残業」「休息時間」「休日・休憩」(4)「賃金」について(5)「退職」について―などが記載されていて、雇い側が手渡すことが義務付けられている。ほかにも、「昇給の有無」「退職手当の有無」「賞与の有無」なども通知する必要がある。「雇用契約書とか雇い入れ通知書という名称の会社もありますが、とにかく文書で渡されないようなら問題ありです」(佐藤正明さん)

   井ノ原快彦キャスター「そんなこと聞くなら雇わないよという企業だったら、いっちゃいけないということですね」

   主婦パートにとっていまはチャンスだ。賢く働きたい。

カズキ





LEAVE A COMMENT