松山・道後公園、監視カメラ設置決定経緯に意見 – 愛媛新聞

Home » 公認会計士 » 松山・道後公園、監視カメラ設置決定経緯に意見 – 愛媛新聞
公認会計士 コメントはまだありません



県包括外部監査報告

松山・道後公園、監視カメラ設置決定経緯に意見

2017年3月25日(土)(愛媛新聞)

包括外部監査の結果を中村時広知事(右)に報告する大西聡一公認会計士=24日午前、県庁

包括外部監査の結果を中村時広知事(右)に報告する大西聡一公認会計士=24日午前、県庁

 愛媛県の包括外部監査人の大西聡一公認会計士は24日、2016年度の監査結果を中村時広知事に報告した。工事請負契約に関する財務事務の施行については、工事内容の変更が必要な場合に発注部署から受注者への指示書や、両者が変更内容などの確認を記録した協議書を適切に作成し保管するよう指摘した。

 指示書や協議書は、今治土木事務所が担当する大三島環状線の舗装補修工事で保管されていなかった。「設計変更について口頭のみではなく、指示・協議などの正式な書面によって施工したか不明」とし、発注者と受注者のトラブルを避けるために必要とした。

この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。





LEAVE A COMMENT