渡瀬恒彦さんを偲ぶ フジ初放送の「弁護士夏目連太郎」で追悼 – 産経ニュース

Home » 弁護士 » 渡瀬恒彦さんを偲ぶ フジ初放送の「弁護士夏目連太郎」で追悼 – 産経ニュース
弁護士 コメントはまだありません



 今月14日に多臓器不全のため72歳で亡くなった俳優、渡瀬恒彦さんの追悼番組として、未放送だった主演ドラマ「判事失格!? 弁護士夏目連太郎の逆転捜査」が、24日午後7時57分からフジテレビ系金曜プレミアム枠でオンエアされる。

 胆のうがん発覚前の2014年に撮影されたもので、渡瀬演じる異色の弁護士、夏目連太郎が主人公のミステリー作品。本仮屋ユイカ演じるしっかり者の娘で同じく弁護士の夏目沙月との“デコボコ弁護士親子”が活躍する独特の世界観で物語を紡いでいく。

 連太郎は優秀な判事だったが、判決の遅さが原因で再任拒否となり“判事失格”で弁護士へ転身した異色の経歴の持ち主だ。利益を追求せず、真実のみを追い求める確かな弁護士。地べたを這い納得するまで真相を追い続ける男を、その男気ある私生活とだぶるような渡瀬が見事に演じきっている。

 そんな父親を少しクールに見守る娘の沙月だが、結局いつも父親のペースに巻き込まれて一緒に“捜査”を進めることになる。事件の真相に迫るシリアスな内容と弁護士親子のコメディーチックなやりとり。絶妙のバランスがドラマの魅力の一つである。出演は渡辺大、渡辺いっけい、蟹江一平、津川雅彦ら。

25、26日には遺作となった「そして誰もいなくなった」(後9・0、テレビ朝日系)が放送される。いずれの作品も追悼テロップが流されるという。

続きを読む





LEAVE A COMMENT