「監査法人、納得いくまで議論を」会計士協・関根会長、東芝問題で – 日本経済新聞

Home » 公認会計士 » 「監査法人、納得いくまで議論を」会計士協・関根会長、東芝問題で – 日本経済新聞
公認会計士 コメントはまだありません



 日本公認会計士協会の関根愛子会長は23日の記者会見で、東芝の四半期報告書提出が遅れている点について「監査法人は自分たちの納得のいくまで会社側と話すことが必要」と述べた。遅延は「協会としても注視している」という。

 東芝は四半期報告書の提出再延期について、原子力発電の米子会社ウエスチングハウスで発覚した内部管理体制の不備で追加調査が必要となり、監査法人からレビュー報告書を受け取れずにいるため、と説明している。関根会長は「(監査に)必要な手続きが完了しないとレビュー意見は出せない」と指摘した。

 監査法人の規範となるガバナンス・コード(統治指針)が近くまとまる。関根会長は各監査法人がコードに盛り込まれた原則の適用を検討することで「よりよい監査を考える契機になる」と評価した。





LEAVE A COMMENT