兵庫 淡路島5人殺害事件で死刑判決 神戸地裁 – NHK

Home » 弁護士 » 兵庫 淡路島5人殺害事件で死刑判決 神戸地裁 – NHK
弁護士 コメントはまだありません



おととし、兵庫県淡路島の洲本市で近所の住民5人をナイフで刺して殺害した罪などに問われた被告に、神戸地方裁判所は、「精神障害があったが事件への影響はほとんどなく刑事責任能力が認められる。死刑を回避する事情は見当たらない」として、死刑を言い渡しました。

兵庫県洲本市の無職、平野達彦被告(42)は、おととし3月、自宅近くに住んでいた平野浩之さん(62)の一家3人と、平野毅さん(82)夫婦の合わせて5人をナイフで刺して殺害したとして殺人などの罪に問われました。

最大の争点は被告に刑事責任能力があったかどうかで、これまでの裁判員裁判で、検察は、「責任能力があった」として死刑を求刑し、被告の弁護士は「精神障害のため善悪の判断ができず、心神喪失の状態だった」として無罪を主張しました。

22日の判決で神戸地方裁判所の長井秀典裁判長は、「被告には精神障害があったが、被害者らが寝ている時間帯を選んで犯行に及んでいることや、犯行後、警察官に『弁護士が来るまで言えない』と話していることなどから、事件への影響はほとんどなく責任能力が認められる」と指摘しました。

そのうえで、「ナイフで何度も刺すなど殺意は強固で、極めて悪質だ。犯行を正当化し続けていてまったく反省がなく、死刑を回避する事情は見当たらない」として死刑を言い渡しました。





LEAVE A COMMENT