ホワイト企業認定へ 23日、県内では3法人 | 県内ニュース | 福島民報 – 福島民報

Home » 社会保険労務士 » ホワイト企業認定へ 23日、県内では3法人 | 県内ニュース | 福島民報 – 福島民報
社会保険労務士 コメントはまだありません

 労働問題の専門家らでつくる「一般社団法人ホワイト認証推進機構」は、弁護士らが企業に出向き労働実態を調べ、関係法令などを順守している企業を「ホワイト企業」として認定する。従業員を酷使する「ブラック企業」が社会問題となる中、より良い労働環境の整備推進を目指す。23日に喜多方市、会津若松市の医療法人など計3法人が県内で初めて認定を受ける。

 認定を受けるのは喜多方市の医療法人社団日新会、社会福祉法人啓和会、会津若松市の人材派遣業レイバーサポートシステム。弁護士や社会保険労務士らが直接、3法人が運営する計約20事業所の責任者から聞き取りを行い、就業規定や相談窓口の有無など150項目以上を調査した。労務に関する改善提言なども実施した。認定を受けると「ホワイト認証マーク」が交付され、就業希望者の増加やブランド力向上につながると期待される。
 同機構は21日までに発足した。これまでに認定したのは東京都の旅行業者1法人のみ。厚生労働省は「安全衛生優良企業公表制度」を実施しているが、同機構は専門家を派遣し調査しているため実態に即した認定ができるという。
 同機構の仙谷由人代表理事(元官房長官)らは23日、喜多方市で記者会見し概要を発表する。

カテゴリー:主要

LEAVE A COMMENT