【Q&A 成年後見人とは】 – 神戸新聞

Home » 行政書士 » 【Q&A 成年後見人とは】 – 神戸新聞
行政書士 コメントはまだありません

Q 成年後見人になれるのは。

A 未成年者や、自身に成年後見人が付いている人ら以外。家族が多いが、資産が多い場合などは、裁判所が第三者を選任する傾向にある。

Q 支払う報酬は。

A 家庭裁判所が決める。弁護士や行政書士などの法律職なら月2万円が目安だが、被後見人の資産状況により増減することも。

Q 家族が遠方に住んでいる場合は。

A 財産管理は可能だが、ヘルパーなど身の回りの世話を手配するのは難しい。1人に任せるより分担を考えてもよい。

Q 判断能力があるかどうかの判定は。

A 医師の診断書と鑑定を用いる。高次脳機能障害など数値に表れにくい場合は、医師の意見書などを基に裁判所が総合的に判断する。

Q 相談に行く際のポイントは。

A 相談費用はまちまちだが、初回無料の事務所も。事前にエンディングノートなどを作成し、特に聞きたい項目を伝えておくとよい。(「頭部外傷や病気による後遺症を持つ若者と家族の会兵庫支部」主催の勉強会より)

LEAVE A COMMENT