【衝撃】神の頭脳が降臨中!最難関国家試験を突破した天才ギャンブラーが激カッコイイ!! – TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)

Home » 司法書士 » 【衝撃】神の頭脳が降臨中!最難関国家試験を突破した天才ギャンブラーが激カッコイイ!! – TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)
司法書士 コメントはまだありません



umasukuea.jpg

 この時期になると全国で入学試験結果が発表され、悲喜交々の表情を見ることができる。1日12時間の勉強で難関中学校に合格した芦田愛菜ちゃんが話題になったが、彼女が合格したという中学の倍率は約2~3倍といわれている。さらに大学で見れば早稲田大学は約20倍、慶應義塾大学は約12倍といった倍率だ。また特殊な学校に目を向けると、JRA騎手学校の倍率は約30倍、ボートレースのやまと学校は約40倍というからまさに狭き門、人生は常に競走なのである。

■最難関の国家試験を突破した頭脳が選んだ職業とは

 さらに世の中には難易度の高い試験が多くあり、そのひとつが司法書士試験である。その合格率は約3%とこれまた別世界で、私の中学時代の知人は5年連続で合格できず諦めてコピーの営業をしているほど。司法書士は裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類の作成を行える国家資格の一つで、2016年は約2万人が出願し合格したのは660人というから厳しい。様々な国家資格がある中でかなり難関な試験と言えるものだ。

 そんな司法書士試験に合格するほどの人物は「さぞかし頭がいいのだろう」と思っていたが、やはりそうであった。というのも司法書士試験に合格しながら、司法書士の職に就かず競馬予想家となって成功した人物がいるからだ。この予想家である境和樹氏を知ったのは2年前の2015年。ちょうど今週と同じ高松宮記念が行われる3月終わり頃だった。

■偶然が産んだまさかの結末

 たまたま目にした「司法書士試験に合格した男の高松宮記念予想」が気になり、冷やかし半分でその予想を読んでみたところ、そこで彼が推奨していたのがハクサンムーンという馬。確か6番人気だったと思うが、新聞を見ても印がポツンと並ぶ程度の人気薄馬であった。

 彼がそのハクサンムーンを選んだ理由は血統や馬場など様々な要素を考慮したものであったが、その内容は非常にわかりやすく、そして納得のいくものであった。自分の予想に自信がなかったこともあり、このハクサンムーンを本命に上位人気馬を相手に馬券を購入。あまり期待していなかったがレース後は興奮で叫んでいた。なんとハクサンムーンは2着に好走し馬連で74.8倍、三連単で815.6倍という高額配当を的中させてくれたのだ。この出来事があってからこの予想家、境和樹氏に注目するようになり、今や毎週彼の予想をチェックするのは日課となっている。

■境和樹とは何者だ?「血統理論」とは?

 境氏は膨大な知識が必要とされる「血統理論」と的確な判断が要求される「ペース解析」を駆使し、その理論によって選ばれた必然の穴馬から「単複1点勝負」という馬券術を推奨する予想家。テレビの競馬中継などを見ると、そこに出ているスポーツ紙の記者が7頭や8頭もの馬に印を付けるケースをよく見かける。プロであるはずの彼らが出走馬の半分を馬券に選んでいるのだ。これではアマチュアと何も変わらない。その点境氏は出走馬が18頭であっても“1頭”しか選ばない。その1頭だけに絞って単勝と複勝という馬券を購入するスタイルを推奨している。確かに、多くの馬券を買えば当たる可能性は増えるが、無駄も多くなる。一切の無駄を排除したこの馬券術は理に適っており、非常に効率がいいもの。

 境氏は自らの予想理論を書籍などで発表しており、これまで発売された著書はAmazonの売り上げランキングで1位になるなど多くの競馬ファンから評価されている。しかしいきなり素人がその本を読んでも何を説明しているのかすぐには理解できないだろう。そこでこの境氏の予想を気軽に利用したいのなら、境氏の予想「穴馬券ネオメソッド」を無料で公開している「うまスクエア」をオススメしたい。

 うまスクエアはすべてのコンテンツが無料という競馬ファンにとってうれしい競馬ポータルサイト。まだあまり知られていないようだが、知る人ぞ知る競馬のプロフェッショナル集団による充実した情報が揃い、そのコンテンツを知人に見せると驚く人が多い。

■G1を完全解析



umasukuea2.jpg

「この人馬主なの?」

 現在行われているWBCで侍ジャパンの解説を務める元メジャーリーガーの佐々木主浩氏は馬主としても有名。先週の阪神大賞典には愛馬シュヴァルグランが出走し、3月25日にドバイで行われる「ドバイ国際競走のドバイターフ(優勝賞金約4億円)」には昨年の秋華賞を勝ったヴィブロスが出走するなど、これまで馬主として15億円以上の賞金を稼いでいるのだ。

 その佐々木氏が愛馬や注目レースの狙っている馬を紹介する「大リーグボール22号」は境和樹氏の予想を無料で公開する「穴馬券ネオメソッド」と並ぶうまスクエアの二大看板コンテンツであり、競馬ファンでなくても非常に読み応えのあるもの。

 他にも高松宮記念、大阪杯、桜花賞、皐月賞といったG1レースを攻略する「GI完全解析」も要チェックのコンテンツ。今週末は高松宮記念というG1レースがあるが、希に見る大激戦模様であり、おそらく過去10年で比較してももっとも難解なレースと言えるレベル。しかしそんなレースを的中させればしめたもの。そのためにもこのうまスクエアが無料で公開している境氏の予想やG1完全解析をうまく利用したい。

 境氏は2週前に行われた中山牝馬ステークスという重賞レースでも、人気薄で勝利したトーセンビクトリーを推奨しており、まさにノリに乗っている状況。勢いある人に乗っかるのはギャンブルの鉄則でもあるため、彼の予想に乗るなら今をおいて他にはない。週末の高松宮記念に向けて今すぐチェックするべきだろう。

 また、うまスクエアと提携する総合ギャンブル雑誌である「ギャンブル宝典」と連動した企画もあり、機会があればこのギャンブル宝典をチェックするのもオススメだ。

・境和樹の神頭脳の予想CLICK→無料

※本稿はPR記事です。



LEAVE A COMMENT