資本主義経済における公認会計士の重要性と、これから求められるもの [株式会社MS-Japan] – 宅ふぁいる便

Home » 公認会計士 » 資本主義経済における公認会計士の重要性と、これから求められるもの [株式会社MS-Japan] – 宅ふぁいる便
公認会計士 コメントはまだありません
資本主義経済における公認会計士の重要性と、これから求められるもの [株式会社MS-Japan]

株式会社MS-Japan

株式会社MS-Japan(以下:MS-Japan)が運営する、会計業界に関するポータルサイト「KAIKEI FAN(カイケイ・ファン)」に、以下の記事が掲載されました。 【コラム】資本主義経済における公認会計士の重要性と、これから求められるもの
涙ぐましい努力を重ねてようやく手にした公認会計士の資格。かつては公認会計士の人数もまだ少なく、儲かる仕事だと言われていました。しかし現在は人数が飽和状態にあり、業界内でも生き残りをかけた競争が激しくなっているといいます。そのような中で、公認会計士はどうしていけばいいのでしょうか? 会計士が必要とされる理由とは?
最近では、「弥生会計」や「freee」「MFクラウド会計」などの優秀な会計クラウドが機能を充実させてきており、個人事業主や中小企業などの利用が増えています。「freee」「MFクラウド会計」は利用事業所がそれぞれ40万以上、弥生会計も利用事業所は約10万と推定されているようです。そのため、会計士がすべき業務はますます少なくなる一方と言えるかもしれません。 しかしそうは言っても、会計士の果たす役割はまだまだ大きいと言えます。
たとえ…続く
[記事全文]

LEAVE A COMMENT