他の追従を許さないマンション販促ツールのプロ集団 ―― VRSサービス(兵庫県) – エキサイトニュース

Home » 土地家屋調査士 » 他の追従を許さないマンション販促ツールのプロ集団 ―― VRSサービス(兵庫県) – エキサイトニュース
土地家屋調査士 コメントはまだありません



多分野にわたる専門技術を1つのパッケージに

 新築分譲マンションの新聞折り込みチラシを思い浮かべてみてほしい。

 物件の魅力を語るコピー、間取り図、写真、そして、小さな文字でぎっしり詰め込まれた情報、情報、情報の山…。その制作をまるごと引き受けているのが、VRSサービス。ライバルの追随を許さず、業界トップを独走中だ。

 こうした販促ツールを作り上げるには、測量、設計、広告など多分野の専門家の技術、知識、知恵が必要。したがって従来は、測量会社が測量データを、設計事務所が図面を提供し、広告代理店が制作を担当するといったように、分業体制で作られてきた。

 そのためディベロッパーは、各専門業者にそれぞれ業務を依頼しなければならず、時間も労力もかかる。しかも、とかく技術者から提供される情報は、専門用語が多く、難解で、そのままでは使えないことが多い。要するに、非効率的な作業を強いられてきたのだ。

 VRSサービスが提供する、マンションの販促ツール制作のオールインワン・パッケージは、このような不便を一挙に解消したのである。

 関心の高い「眺望」と「日当たり」を分かり易く

 社長の東田昇氏は、リクルートコスモス(現・コスモスイニシア)出身。一級建築士、土地家屋調査士の資格を取得し、33歳で独立し、2005年にVRSサービスを設立した。

 オールインワン・パッケージは、東田氏自身が設計と測量の2つの専門分野に通じ、なおかつ不動産を販売する立場だったことで、生まれるべくして生まれたとも言える。





LEAVE A COMMENT