新隊員は土地家屋調査士 洲本の地域おこし協力隊 – 神戸新聞

Home » 土地家屋調査士 » 新隊員は土地家屋調査士 洲本の地域おこし協力隊 – 神戸新聞
土地家屋調査士 コメントはまだありません

 都市部の人材を地域活性化の担い手とする兵庫県洲本市の「地域おこし協力隊」に、1日から土地家屋調査士の近藤加奈子さん(32)が加わった。商工観光課と連携し、商店の活性化や空き店舗対策に取り組む。市役所で3日に委嘱式があり、「洲本のすてきなところを多くの人に伝えたい」と笑顔を見せた。

 愛知県知立市から転入。同県内の大学を卒業後、資格を生かして建築事務所や司法書士事務所に勤務した。不動産登記に携わり、大規模な土地の分割を考える業務の際、まちづくりに興味を持った。

 淡路島になじみはなかったが、趣味の旅や釣りを通じて島内に友人ができ、2年ほど前から頻繁に訪れるように。昔ながらのご近所付き合いや海、山などの豊かな資源に魅力を感じるという。

 委嘱式では竹内通弘市長が書状を交付し、「島の魅力をどんどん発信して」と激励。近藤さんは「物件を見る仕事の経験を生かしたい。PRイベントの企画にも力を入れ、(出身の)中部地方で島の知名度を上げたい」と意気込んでいた。

 任期は最長3年。近藤さんの加入で、同市の隊員は女性4人になった。(上杉順子)

LEAVE A COMMENT